このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

当院では、骨折・捻挫・靭帯損傷などの外傷をはじめ、スポーツ障害、頚部痛、腰背部痛、手足のシビレなどの脊椎・神経系疾患や肩関節、膝関節、手関節、股関節などの痛みを訴える関節疾患や関節リウマチの治療をおこなっております。


病状を伺ったのち各種検査(レントゲン、血液検査、 骨密度検査など)を行い診断します。必要に応じてCT,MRIなどの精密検査を病診連携施設にて施行いたします。

投薬や注射(関節注射、ブロック注射、ヒアルロン酸注射など)、リハビリテーション治療を病状に応じて行います。

 


当院では、一般的な整形外科疾患(変形性膝関節症、腰痛、五十肩など)の患者さんや、
スポーツ障害を有した患者さんに対して、運動療法・物理療法によるリハビリテーションを
行います。

●運動療法

理学療法士による関節可動域の改善、筋力の維持・向上、歩行訓練、姿勢や動作の改善などによって、痛みのすくない日常生活やスポーツ活動が行えるように治療・指導を行っています。ひとりひとりに適したプログラムを立案し、マン・ツー・マンで治療を行います。

●物理療法
ホットパック、索引器、電気治療機器、ウォーターベッドなどを使用し、疼痛軽減や 回復促進を図っています。